WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

不要なActiveXやJavaアプレットを削除してHDDの容量確保(IE) 

Webサイトを閲覧するとき、ページの表示に必要な「Javaアプレット」というアプリケーションや、「ActiveXコントロール」というプラグインプログラムをインストールしなければならないことがあります。(勝手に自動ダウンロードするケースも)

基本的に、1度インストールしたものは、コンピュータにずっと保存されたままになります。

すべてが必要というわけではないですし、ハードディスクの空き容量を増やすためにも不要な「Javaアプレット」「ActiveXコントロール」は削除しておきましょう。
特に、「ActiveXコントロール」には脆弱性を持つものもあるのでセキュリティの面でも削除することをおすすめします。
人気ブログランキングへ

ディスククリーンアップでHDD容量増加+圧縮ファイル解凍情報 

パソコンを長く使い続けていると、アプリケーションが自動的に作成する一時ファイル(テンポラリファイル)や「Internet Explorer」のキャッシュファイルなどの不要なファイルが知らないうちに蓄積されていきます。 

ハードディスク容量を無駄使いしている上、アプリケーションによっては動作に支障をきたす場合もあります。

WindowsXPには、ハードディスクから不要ファイルを検索して削除できる「ディスククリーンアップ」機能が用意されています。

ハードディスクの容量を確保するために是非やってみよう。
XP高速化の基本技です。
※場合によっては、結構時間がかかることがあるので余裕があるときに行おう。
人気ブログランキングへ

不要なフォントを削除してWindowsの起動・動作を速くする 

ワープロソフトやグラフィックソフト等をインストールするたびに増えていくフォントデータ。

Windowsは起動時に、インストールされているすべてのフォントをメモリ上に読み込むため、フォントの数が増えていくと、それだけ起動に時間がかかるようになります。特に、容量の大きい日本語フォントは影響も大きくなります。

また、アプリケーションを使用中、フォント一覧がなかなか表示されないのも、フォントの増えすぎが原因です。

そこで、不要なフォントは削除してしまいましょう。高速化が期待できます。

ただし、フォントの中には、Windowsの基本動作に必要な「システムフォント」と呼ばれるものがあります。これらのフォントを削除してしまうと、パソコン画面文字が表示されないなどの不具合を生じさせることもありますので、間違って削除してしまわないよう注意しましょう。


人気ブログランキングへ

インターネット一時ファイル(テンポラリファイル)を削除する 

インターネットをやっていると、「インターネット一時ファイル(テンポラリファイル)」というものが保存されていきます。

このインターネット一時ファイル(テンポラリ)は、一度表示したWebページをハードディスクに保存しておき、次回の表示を高速化するためのものです。

ISDN等の遅い通信環境でインターネットをしている人は便利なのですが、知らぬ間にどんどん溜まっていくので、ハードディスクの容量圧迫につながります。

定期的に削除しましょう。

人気ブログランキングへ

Cookie(クッキー)を削除する 

Cookie(クッキー)という言葉は聞いたことがあると思います。

食べ物のクッキーではありません。

Cookie(クッキー)とは、ショッピングサイトや会員サイトなどで入力したIDやパスワードなどを記憶し、次回から自動入力してくれる便利な機能です。

オートコンプリートとはちょっと違います。

Cookieは、不正アクセスされると個人情報の漏洩につながることがあるので、定期的に削除することをオススメします。

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
広告


ページランク