WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

利用されていないDLLをメモリから解放させる 

アプリケーションは、プログラム本体以外にも「DLL」というファイルを呼び出して使用しています。

DLLファイルとは、多くのプログラムで利用する機能をひとまとめにした共通ファイルのことで、Windowsはこれをメモリに読み込んで常駐させ、複数のアプリケーションで同じ機能を重複して読み込む無駄を回避しているのです。

しかし、アプリケーションの起動・終了を繰り返すうちに、たくさんのDLLファイルがメモリーに常駐して、Windowsの動作が鈍くなる原因になってしまうのです。

そこで、アプリケーションが終了すると同時に、使用していたDLLファイルをメモリーから削除されるようにレジストリ編集を行ってみましょう。


なお、アプリケーションを起動するたびにDLLファイルを読み込むことになるので、パソコン環境によってはプログラムの起動が若干遅くなる場合もあるので注意。

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

CD-ROMの自動再生機能を無効にする 

Windowsには、CD-ROMの自動再生機能があります。自動再生に対応したCD-ROMを光学ドライブに挿入すると、自動的にプログラムが起動したり、音楽が再生されたりします。

便利な機能ですが、人によってはうっとおしく感じられるでしょう。プログラムが起動されることによってパソコン動作ももたつきます。

レジストリを編集し、この機能を停止してみましょう。
※Shiftキーを押しながらCD-ROMを挿入しても、自動再生機能はスキップできます。

人気ブログランキングへ

ショートカットのリンク切れ、追跡機能、自動検索を停止する 

Windowsには、ファイルの名前や保存場所(ディレクトリ)が変わった場合でも、そのショートカットのリンク先を追跡する機能や、XP起動時などにリンク切れのチェックを行う機能があります。また、リンク先が見つからないときは自動検索を行います。 
ショートカットの検索画面

便利な機能ですが、ファイルへのリンクを常に監視しているため、システムに負担がかかってしまいます。パフォーマンスを優先したいなら、これらの機能はオフにしましょう。

人気ブログランキングへ

ショートカットアイコンの矢印の表示を消す 

ファイルやフォルダのショートカットを作成したとき、作成されたアイコンの左下にはショートカットアイコンであることを示す「矢印」が付きます。 
矢印が付いているショートカットアイコン

これがジャマに感じるかどうかは、人それぞれですが、この矢印は消すことができます。レジストリ編集を行って矢印が付かないようにしてみましょう。

人気ブログランキングへ

レジストリ編集で「~へのショートカット」表示を消す 

プログラムやフォルダへのショートカットを作成したとき、ファイル名に「~へのショートカット」という名前が自動的に付いてしまいます。 
迷惑な「~へのショートカット」表示

ジャマではないですか?毎回手動で消している人もいるはずです。

レジストリを編集すれば、「~へのショートカット」という名前は付かなくなりますよ。


人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。