WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォルダの表示設定を保存しないようにする 

エクスプローラーでファイルやフォルダを表示する時、「縮小版」、「並べて表示」、「アイコン」、「一覧」、「詳細」など表示方法を選択することができます。


この表示設定はレジストリに書き込まれ、Windowsを起動するたびに読み込まれます。

そこで、表示設定を保存しないようにしましょう。多少ながら、エクスプローラー動作の高速化が期待できます。

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

CPU割り当ての優先度を変更して、ソフトの動作を高速化する 

複数のアプリケーションソフトを同時に起動していると、動作が重くなることがあります。

これは、CPUが各アプリケーションに対して平均的にパワーを割り当ててしまうためです。


そこで、「Windowsタスクマネージャ」を使い、各アプリケーションに対するCPU処理の優先度を変更して、快適に動作させてみましょう。


しかしそれ以外の動作は若干遅くなってしまうことがあるので、CD/DVDの作成や動画のエンコードなど、高負荷かつ重要な仕事をしているアプリケーションに優先度の変更をしてやると良いです。

人気ブログランキングへ

メモリダンプを無効にして、ハードディスク容量を増やす 

Windowsには、システム内部に致命的な障害が発生した場合に、メモリの内容をファイルに保存するという機能があります。

この機能によって、再起動時に作成されるファイルを「メモリダンプ」といい、障害発生時の状態を後で調査し、原因を特定したり、対策を立てたりするために利用されます。


しかし、この調査作業というのは一般のユーザーが簡単に行えるようなものではなく、開発者が専用のデバッガ(バグの発見や修正を支援するソフトウェア)を使って初めて行える専門的なものなのです。


さらに、メモリダンプファイルは最大で物理メモリと同じサイズまで書き込まれる場合があります(最大サイズは2GB)。そのため、場合によっては結構なハードディスク容量が無駄になっていることがあります。また、ダンプ時の書き込みに時間がかかるというデメリットもあります。

このように、一般ユーザーにとってはあまりメリットがないので、ハードディスクの容量確保のためにも、メモリダンプを無効にすることをオススメします。


人気ブログランキングへ

システムイベントに対するサウンド効果を無効にする 

Windowsには、起動時や終了時、エラー発生時といったさまざまなシステムイベントに対してサウンド効果が設定されています。

しかし、サウンド効果はマシンリソースを消費しますので、このサウンド効果を無効にし、少しでも動作を高速化させましょう。

なお、システムイベントのサウンド効果を無効にしても、音楽CDやDVD、ゲーム等のサウンドは問題なく再生されますのでご安心を。




人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。