WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「アイコンキャッシュ」を削除(クリア)してリフレッシュ+修復方法 

Windowsでは、操作を高速化するためにキャッシュファイルがよく使われています。
「アイコンキャッシュ」もそのひとつで、一度表示したアイコンのデータを保存しておき、次回以降の表示に利用しています。

しかし、このアイコンキャッシュ、Windowsのバグなのかどうかは分かりませんが、破損することがあります。キャッシュが破損してしまうと、アイコンが正しく表示されなかったり、表示に時間がかかったりします。

アイコン表示がおかしくなった時に限り、アイコンキャッシュファイルを一旦削除し、リフレッシュしてみましょう。


※あらかじめ「フォルダオプション」の「表示」タブで「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択しておく必要があります

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

「Dllcache」フォルダをリフレッシュしてシステムの動作を安定させる 

WindowsXPには、システムファイルを保護する「Windowsファイル保護」という機能が搭載されています。※WFP(Windows File Protection)


Windowsファイル保護(WFP)は、システム関連のファイルを常に監視し、重要なファイルが破損したり誤って削除されたときに正常なファイルを再インストールするものです。この機能は自動実行されますので、普段はユーザーが認識することはありません。

そしてこの正常なファイルを一時保存しているのが「Dllcache」フォルダです。


しかし、フォルダ内にあるファイルの整合性に不具合が生じたとき、これが破損することがあります。当然ながら、破損した状態で使用し続けたシステムは正常ではありません。

万一に備え、「Dllcache」をフォルダごとリフレッシュしてメンテナンスしておきましょう。

WindowsXPのシステムCD-ROMが要求されることもあるので、用意しておきましょう。
必ず、リフレッシュする前にシステムの復元ポイントを作成しておいてください。

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。