WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

XP検索の犬を消す方法 

WindowsXPでは、ファイルを検索する際にウィンドウの左側に表示される「検索コンパニオン」という機能があります。
検索コンパニオン

PC初心者にとってはありがたい機能ですが、中上級者にとってはすぐに検索キーワードを入力できず、イライラしてきます。犬を表示させるために動作がモタつくのも問題です。 

レジストリ編集を行って、検索機能を従来のバージョンに戻して犬を追放しましょう(笑)。

1、レジストリエディタを開きます。

2、
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CabinetState
まで展開する。
「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CabinetState」まで展開

3、右ペイン上で右クリックして「新規」→「文字列値」を選択する。
作成された「新しい値 #1」を「Use Search Asst」という名前にし、値のデータを「no」と記入する。「OK」をクリック。
「新規」→「文字列値」を選択する

「新しい値 #1」を「Use Search Asst」という名前にし、値のデータを「no」と記入する

4、Windowsを再起動させると、以下のように検索犬が居なくなり、シンプルで分かりやすいメニューに変わっています。
シンプルで分かりやすいメニューに変わっています


以上で完了です。お疲れ様でした。
人気ブログランキングへ
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/02/19 23:12 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/06/04 03:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://xp4.blog4.fc2.com/tb.php/18-7c768f79

スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。