WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エクスプローラーがフリーズしても、作業を続行させる 

ファイル操作などを行っているとき、突然、エクスプローラー(explorer.exe)がフリーズすることはありませんか? 

フリーズした状態では、タスクバーが見えなくなってしまい、しばらくウィンドウの切り替えが不可能になってしまうのが問題です。

そこでレジストリ編集を行ない、フリーズ時にもタスクバーを表示させてパソコン作業を続行できるようにしましょう。

1、レジストリエディタを開き、
「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer」
まで展開します。
「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer」

2、右ペイン上で右クリックし、「新規」→「DWORD値」を選択する。
「新規」→「DWORD値」を選択する

3、作成された「新しい値 #1」を「DesktopProcess」という名前にし、値のデータを「1」と記入する。「OK」をクリック。
「DesktopProcess」という名前にし、値のデータを「0」と記入する

4、Windowsを再起動すれば、エクスプローラーのフリーズ時にもタスクバーを扱えるようになります。


以上で完了です。お疲れ様でした。
人気ブログランキングへ
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://xp4.blog4.fc2.com/tb.php/22-4d23eae0

スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。