WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ごみ箱を空にする&ごみ箱の容量(最大サイズ)を変更する 

「ごみ箱」は、削除したファイルを一時保管しておく場所です。

ファイルを「ごみ箱」に移しただけでは、ハードディスクから削除されませんので、「ごみ箱」を空にしておきましょう。

また、「ごみ箱」の容量(最大サイズ)を小さくすれば、その容量を超えた時にすぐハードディスクから削除されるので、ファイルをたくさん溜め込まずにすみます。

1、ごみ箱を空にしましょう。
「ごみ箱」を右クリックして、「ごみ箱をからにする」をクリックします。
「ごみ箱をからにする」をクリックします

2、確認メッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。これで削除完了です。
確認メッセージが表示されるので、「はい」をクリックします


3、次に、ごみ箱の容量(最大サイズ)を変更します。
「ごみ箱」を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

4、ごみ箱のプロパティが表示されます。
「オプション」タブで、「ドライブごとに構成する」をクリックします。
「オプション」タブで、「ドライブごとに構成する」をクリックします

5、そして、ローカルディスクC(パソコン環境によって名前が違うかも)タブを開き、
「ごみ箱の最大サイズ(ドライブの割合)」が自分好みのサイズになるようにスライドして調整します。左にスライドすれば、「ごみ箱」の容量が減ります。
「ごみ箱の最大サイズ(ドライブの割合)」が自分好みのサイズになるようにスライドして調整します

6、調整できたら「OK」をクリック。

※予約サイズが1GBなら、ごみ箱の中が1GB以上になったときに削除されるようになります。

※「オプション」タブの「削除の確認メッセージを表示」のチェックを外すと、ごみ箱からファイルを削除する際に表示される確認メッセージをスキップすることができます。


以上で完了です。お疲れ様でした。
人気ブログランキングへ
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://xp4.blog4.fc2.com/tb.php/23-0eb7638e

スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。