WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ショートカットのリンク切れ、追跡機能、自動検索を停止する 

Windowsには、ファイルの名前や保存場所(ディレクトリ)が変わった場合でも、そのショートカットのリンク先を追跡する機能や、XP起動時などにリンク切れのチェックを行う機能があります。また、リンク先が見つからないときは自動検索を行います。 
ショートカットの検索画面

便利な機能ですが、ファイルへのリンクを常に監視しているため、システムに負担がかかってしまいます。パフォーマンスを優先したいなら、これらの機能はオフにしましょう。

※エントリの説明
LinkResolvelgnoreLinkInfo=リンク切れチェック機能
NoResolveTrack=ショートカットのリンク先追跡機能
NoResolveSearch=ショートカットの自動検索機能

1、レジストリエディタを開きます。

2、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorerまで展開します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorerまで展開

3、右ペインの何もないところで右クリックして「新規」→「DWORD値」を選び、「新しい値 #1」を「NoResolveSearch」という名前(上記参照)に変更してからそれをクリックして開きます。
「新規」→「DWORD値」を選択する

4、「値のデータ」欄が「0」になっているので、16進数で「1」と入力し、「OK」をクリックします。
16進数で「1」と入力し、「OK」をクリック

編集後の状態

5、あとはレジストリを終了し、パソコンを再起動すれば、設定変更が反映されます。

ここでは、すべて停止させるようにしましたが、全部の機能を停止しなくてもよいです。
自分が要らないと思う機能だけを停止させましょう。


以上で完了です。お疲れ様でした。
人気ブログランキングへ
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://xp4.blog4.fc2.com/tb.php/35-30d416b1

スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。