WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CPU割り当ての優先度を変更して、ソフトの動作を高速化する 

複数のアプリケーションソフトを同時に起動していると、動作が重くなることがあります。

これは、CPUが各アプリケーションに対して平均的にパワーを割り当ててしまうためです。


そこで、「Windowsタスクマネージャ」を使い、各アプリケーションに対するCPU処理の優先度を変更して、快適に動作させてみましょう。


しかしそれ以外の動作は若干遅くなってしまうことがあるので、CD/DVDの作成や動画のエンコードなど、高負荷かつ重要な仕事をしているアプリケーションに優先度の変更をしてやると良いです。

1、まずは、「タスクマネージャ」を起動しましょう。
タスクバーを右クリックして「タスクマネージャ」を選択します。
(「Ctrlキー+Altキー+Delキー」でもタスクマネージャを起動することができます。環境によってはWindowsが再起動してしまうので注意)
タスクバーを右クリックして「タスクマネージャ」を選択

2、「アプリケーション」タブを開き、「タスク」欄から優先度を上げたいアプリケーションソフトを右クリック→「プロセスの表示」を選択します。
優先度を上げたいアプリケーションソフトを右クリック→「プロセスの表示」を選択

3、「プロセス」タブに切り替わります。今選択しているプロセスがさっきのアプリケーションソフトです。

4、右クリックして表示されたメニューで「優先度の設定」から優先度を変更します。
※優先度を上げたいときは「通常以上」で十分です。「リアルタイム」を選ぶとWindowsのシステム自体にCPUのパワーが回らなくなるので注意してください。
「優先度の設定」から優先度を変更

4、警告ダイアログが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。
警告ダイアログで、「はい」ボタンをクリック


以上で完了です。お疲れ様でした。
人気ブログランキングへ
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://xp4.blog4.fc2.com/tb.php/45-77ab24e8

スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。