WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

ディスククリーンアップでHDD容量増加+圧縮ファイル解凍情報 

パソコンを長く使い続けていると、アプリケーションが自動的に作成する一時ファイル(テンポラリファイル)や「Internet Explorer」のキャッシュファイルなどの不要なファイルが知らないうちに蓄積されていきます。 

ハードディスク容量を無駄使いしている上、アプリケーションによっては動作に支障をきたす場合もあります。

WindowsXPには、ハードディスクから不要ファイルを検索して削除できる「ディスククリーンアップ」機能が用意されています。

ハードディスクの容量を確保するために是非やってみよう。
XP高速化の基本技です。
※場合によっては、結構時間がかかることがあるので余裕があるときに行おう。 1、「スタート」メニューから、「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスククリーンアップ」を選択します。

2、クリーンアップするハードディスクドライブを選び、「OK」をクリックします。
ディスククリーンアップするドライブを選択

3、ディスククリーンアップが起動します。「ディスククリーンアップ」タブの「削除するファイル」欄から、削除したいファイルの種類にチェックしていきます。選択できたら「OK」をクリックします。
削除したいファイルの種類にチェックしていく

なお、このディスククリーンアップによって増えるハードディスクの容量は右上に表示されています。
増えるハードディスクの容量は右上に表示

なんと管理人のパソコンでは、約86MBもの領域を不要ファイルが占めていたのだ。
ビックラ コキマロ!

4、確認ダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。
ディスククリーンアップを実行する

5、ディスククリーンアップが開始されます。終了すると自動的に閉じられます。
ディスククリーンアップが開始されます


以上で完了です。お疲れ様でした。

※ディスククリーンアップによって圧縮されたファイルを復元(解凍)するには、

1、解凍したいフォルダもしくファイルを右クリック→「プロパティ」を選択
2、「全般」タブの「詳細設定」をクリック
3、「内容を圧縮してディスク領域を節約する」のチェックを外す

これで解凍できますよ。
人気ブログランキングへ
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/07 15:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://xp4.blog4.fc2.com/tb.php/54-43db06b6

スポンサーリンク
広告


ページランク