WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電源オフが遅くなる応答待ち時間を短縮 

Windowsで電源オフや再起動の操作を行ったとき、数十秒近く待たないと処理が行われないということがあります。

これは、起動しているサービスなどがWindowsの終了要求になかなか応答しないので、応答の待ち時間が発生しているためです。

素早く処理させたいのがユーザーの気持ち。レジストリ編集を行って、応答待ち時間を短縮してみましょう。電源オフや再起動でのイライラを解消できます。 1、レジストリエディタを起動して、
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control」まで展開します。
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control」まで展開

2、右ペインにある「WaitToKillServiceTimeout」という値をダブルクリックして開きます。

3、デフォルトでは「20000(20秒:単位0.001)」が設定されているので、これを「1000(1秒)」にして「OK」をクリックします。※単位0.001=ミリ秒。
「WaitToKillServiceTimeout」という値をダブルクリックして開く


「20000→1000」=「20秒」→「1秒」


4、あとはレジストリエディタを終了して再起動します。


以上で完了です。お疲れ様でした。

※もし、再起動したときサービスにエラーが発生することがあれば、デフォルトの値(20000)へ戻してください。(5000ぐらいでもいいかもしれません。)
人気ブログランキングへ
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/04/27 01:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://xp4.blog4.fc2.com/tb.php/56-cbaf22b6

スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。