WindowsXP 高速化・快適化!

「なんとなく遅い。確かに遅い!」パソコンは使っているうちにどんどん遅くなっていきます。ワザとテクニックで、あなたのWindowsXPを高速・快適にしましょう!Let's Try!
パソコン設定、レジストリ編集による高速化・快適化がメイン内容となっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

システムの使用者名・組織名を変更する 

システムの使用者名は、Windowsのセットアップ時に入力したもので、場合によっては組織名も表示されます。

この名前はレジストリに書き込まれるため、通常は変更できません。

「会社が変わった」「他人の名前はいやだ」「とりあえず変更したい」と思う方は、レジストリで書き換えてしまいましょう。

人気ブログランキングへ

メモリ搭載量に合わせて設定を最適化する 

パソコンはメモリを多く搭載すればするほど、確実に高速化します。 

しかし、WindowsXPのシステムは、XPの最低動作条件である128MBに合わせて最適化されているため、大容量のメモリを搭載していても、そのパワーが十分活かしきれていないのです。

あなたのパソコンが512MB以上のメモリを搭載しているなら、さらなるパフォーマンス向上が期待できますので、レジストリ編集を行ってメモリの設定を最適化しましょう。


なお、以下に紹介する値が存在しない場合は、右ペインの何もないところで「新規」→「DWORD値」を選択し、それぞれの名前を付けて値を作ります。
「新規」→「DWORD値」を選択する



人気ブログランキングへ

カーネルメモリを常駐させてWindowsを高速化する 

「カーネルメモリ」という特殊なメモリ領域には、システムの中枢である「カーネル」と呼ばれるソフトウェアが常駐しています。

このカーネルメモリは、メモリ不足を補うために、物理メモリ上に構成される「ページプール」のほか、ハードディスクの仮想メモリに構成される「非ページプール」にも保存されます。

このように、一部の領域を別の領域に移動させている状態を「スワップ」というのですが、「非ページプール」は「ページプール」よりも速度が遅いので、「非ページプール」にスワップされると、パソコンの動作速度が大幅に低下してしまいます。

あなたのパソコンが、メモリ256MB以上を搭載していて、いつも使うアプリケーションを起動してもメモリの空き容量が十分あるような場合、すべてのカーネルをページプールに常駐させるように設定すれば、パソコンの動作速度が全体的に向上するでしょう。


人気ブログランキングへ

XPのアイコンキャッシュを最適化し、アイコン表示速度を高速化 

アイコンは、関連付けなどの情報を元にして、ソフトのリソースファイルからアイコン用の画像データを読み込んで表示させています。

WindowsXPでは、アイコンのデータの読み込みによって、ハードディスクへのアクセスが増えることによるパフォーマンスの低下を防ぐため、一度表示したアイコンをキャッシュに保存しています。

しかし、その保存容量は無制限ではないので、容量を超えた場合やキャッシュが破損した場合はアイコンキャッシュからアイコンを読み込めなくなり、パフォーマンス低下を招きます。

レジストリ編集によって、アイコンキャッシュの容量を変更することができますので、やってみましょう。

人気ブログランキングへ

サムネイル表示の画質とサイズを変更する 

マイコンピュータやエクスプローラーから、JPEGやBMPなどの画像ファイルが入ったフォルダで「表示」→「縮小版」を選択すると、画像ファイルを縮小表示することできます。
画像のサムネイル表示

このサムネイル機能は、画像の中身?が見れて便利ですが、サイズが固定されているのが残念なところです。もっと小さく表示したい場合や大きく表示したい場合もあるでしょう。 
最小サイズと最大サイズ


そこでレジストリ編集を行って、自分の好きなサイズに変更してみましょう。さらに、サムネイルの画質変更の仕方も説明します。

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
広告


ページランク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。